夫が症状を言わない理由


そら3.jpg

昨朝トイレからトサンが下痢をしているような音がした。


トイレから出たトサンに

「下痢してるの?」

と聞いたら

「うん」

と。


「なんで?」

と聞いたら

「薬のせいじゃないかなあ」

と。


ステロイド剤を減薬するために

ベーチェット病のお薬を2錠に増やした。


先生が「下痢をする場合があります」と言ってた。


時々先生が「下痢しますか?」と聞いたけど

トサンは「大丈夫です」と言っていた。


散歩から帰ったトサンによくよく聞いてみると

唇が白くなったころから下痢をしていたのだそうだ。


唇が白くなったのは3月ころ・・・。


症状が出てもすぐには言わないトサン。

今朝気づいて良かった。


下痢は時々だそうだ。

二日続いたり

1週間に1回だったり・・・。


そういうことも細かく聞かないと

トサンは情報をくれない。


こちらから声をかけて細かく聞く。

そういうことも含めて看病なんだろうなあ。


何故トサンがすぐに言わないのか。

最近分かってきたような気がする。


私がトサンの症状を聞く心の用意がないときに言っても

私にうるさがられるだけだから。


以前は隣人トラブルなどで

本当に気持ちの余裕のない生活をしていたので

ますますトサンは言わなかったのだろう。


ランキングに参加しています。 ポチっとお願いします。。 にほんブログ村 病気ブログ 家族の病気・看病へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント