やめていた散歩を夫が再び始めた理由

トサンは退職してから一日中家にいたので 太ってきてお腹も出てきた。


それで自分から散歩をするようになった。


でも お腹は なかなか へっこまなかった。


私は自分がしていた糖質制限食をトサンにも提供してみた。


トサンのことも考えて 自分では食べないような糖質制限食も作って 夫に提供した。


例えば 豆腐やエリンギやカリフラワーや高野豆腐を使った もどきごはん を作ったりした。(私は そういうものは 食べなかったけど)


高野豆腐を使ったサンドイッチとか、もどきごはん を使った 親子丼や三食丼や その他 色々作った。


そうしているうちに トサンは痩せてきて お腹もひっこんだ。


そうしたら 途端に トサンは散歩をやめてしまった。


糖質制限食は運動しなくても太らないので ますます散歩せず、冬の間は庭仕事もなかったらしく、一日中テレビを見て過ごすような生活になってしまった。


私は以前歩けなかったのだけれど、 歩けるようになってから気分転換に散歩へ行くようになっていた。


ある日 散歩から帰ると トサンは物凄く不機嫌で 夫婦喧嘩になってしまった。


トサンは一日中テレビを見て、気分転換できず、怒りを溜め込んでしまったようなのだ。


トサンは帯状疱疹を発症してしまった。


喧嘩のストレスからなのか・・・。 長年服薬しているステロイド剤の副作用なのか・・・。


トサンは帯状疱疹のお薬を飲みながら 1か月ほど家で静養していた。


その間に 私は 生活の見直しをした。とにかくトサンの気分転換を第一に考えて。


それまで 車で どこに行くのも一緒だったけど スーパー以外のホームセンター、ドラッグストア、洋服屋などはトサンに一人で気分転換がてら行ってもらうことにした。


それまでは いつも 私が支払いの役目をしていたので トサンにも お金を支払う喜びも味わってもらいたいと思った。


そして もう一つは 散歩をしてもらう。


トサンが帯状疱疹になってからトサンのベーチェット病の病院受診にも私は付き添うようになった。それもトサンの気持ちの安心材料になったようだ。


そんなわけで トサンは又散歩に行くようになった。

トサンは今二日に一回くらい散歩に行っている。



そんなちょっとした日常の変化が気分転換になります。

逆に私はあまり散歩に行かなくなりました。(笑)


トサンが散歩中に買ってきた鉢類です。


IMG_0566.jpg

↑こけ玉 百円

IMG_0568.jpg

↑お金のなる木 三百円

ニンジン

人参を茹でてみました。

IMG_0472.jpg

輪切りにして お塩も入れずに 柔らかくなるまで 茹でました。

人参は結構糖質があるそうで
2年くらい 食べていませんでした。

又 食べることにしました。

サラダに添えてみました。

IMG_0530.jpg



私は何もつけずに そのまま食べます。普段 薄味に慣れているので 人参の甘みを強く感じます。

トサンはマヨネーズをつけて食べます。

まとめて 茹でておくと 便利です。

よろしかったら お試しくださいませ。

みんなでケアを

仲たがいしていた奥さんのところへ 半年以上ぶりに 伺った。

「は~い」と言って玄関ドアを開けた奥さんに

「怒ってすみませんでした」と言ったら

「なんも。長年の近所づきあいだもの。大丈夫よ」

と 気さくに 言ってくださった。

「木を切ったんだって?」

「うん」

それから隣の話をした。

以前障がい者が家にいたときに 民生委員が 災害の時の障がい者を助けてくれる人を探したけど、誰も引き受ける人がいなかったそうだ。

私も「民生委員に『障がい者の。障がい者の』と言われて とても気持ちの負担になった」と言った。

障がい者は施設へ行ったけど、隣の奥さんは誰かに助けてもらいたいと思っている人じゃないのかなあ、という気がしている。

ヘルパーさんが毎日のように来ているから 市に任せておけばいい、とも思うけど・・・。

それぞれの家だって それぞれの問題を抱えていて たいへんだけど・・・。

「一人でケアしようとするから たいへんなのよ。近所のみんなでケアすれば」と私は言った。

「みんな家のことも たいへんだから 関われるときに関わって・・・」と言ったら 奥さんも

「できるときに やってね・・・」と言ってくださった。

ゴミも隣の社宅のゴミ捨て場に置いているようだけど、社宅の人は黙認しているようだけど、そのことも奥さんは気にされていた。

「ゴミのことも・・・」と私は言った。

「うん」と奥さんは言われた。

伐採終わりましたの記事

伐採の記事を2日前の日付で投稿してしまいました。

投稿方法が新しくなったもので・・・。

写真も いっぱい 掲載しましたので

よろしかったら 見てくださいませ。
0

伐採 無事終わりました

IMG_0670.jpg


業者さんは8時15分に うちに いらっしゃいました。

許可を得て借りた駐車場の様子を見て帰ってくると トサンが
「安全ミーティングをしていたよ」と言いました。
作業をする前に 安全ミーティング をするんですね。

伐採する前の木はこんな様子でした。

IMG_0650.jpg

ツリークライマーの人がアクロバティックな動きで
枝を切っていきます。

IMG_0654.jpg

IMG_0658.jpg

IMG_0655.jpg

IMG_0657.jpg

吊り切りした木を 慎重に おろします。

IMG_0671.jpg

IMG_0687.jpg

IMG_0688.jpg

IMG_0691.jpg



ツリークライマーの人が器用に慎重に木の上で作業をします。

IMG_0664.jpg


一生懸命作業をされていたので 10時にお茶は出さず
お昼にお出ししました。

IMG_0661.jpg

枝葉が全て 伐採されました。

IMG_0698.jpg

IMG_0700.jpg

IMG_0699.jpg

3トン車は うちの駐車場に入れて 作業することができました。
木を切るそばから 積んでいきます。
3トン車も枝葉と木でいっぱいになりました。

IMG_0703.jpg


午後3時のお茶もお出しすることができませんでした。
一旦木に上がると なかなか 下りられないそうです。
帰りにお持たせ いたしました。

IMG_0643.jpg

6時頃 やっと 作業が終わりました。
7時前まで後片付けをしてくださいました。

切り株です。

IMG_0712.jpg

丸太は後日 取りに来られました。
薪ストーブの薪にされるそうです。

IMG_0710.jpg

IMG_0709.jpg

「無事に終わって良かったですね」と業者さんに言いました。
「ていねいに やっていただいて ありがとうございました」
と言いました。
業者さんも とても 感じの良い方で
「ありがとうございました」とおっしゃいました。

これで無事 泰山木の伐採が終わりました。
落ち葉が散れて ご近所にご迷惑をかけていたので
ご近所の方も 喜んでくださると思います。

夫の眼科受診に付き添った

トサンの眼科受診に付き添った。

膠原病内科の先生の指示で目に異常がないか調べてもらう。

検査のために目に薬を入れるので 光を敏感に感じてしまうので

車では行かずに 歩いて病院まで出かけた。

幸い ベーチェット病や ステロイド剤の 影響は

目にはきていないようだった。

白内障が少しあるけど ひどくなったら 手術 ということに

なるそうだ。

木の伐採は無事に終わった。

ウェブリブログの大幅なメンテナンスの後

不具合が続出していて

画像が投稿できない状態だ。

画像が投稿できるようになったら 伐採の様子を記事にしようと思う。

ロープで木を吊って 安全に木を切る 吊り切りの動画も撮ったし。

明日は伐採日

伐採業者から連絡があって
「普通車2台と3トン車1台で行くけど、駐車場ありますか?」
とのことだった。

うちの駐車場は伐採した枝葉を置く場所にしたい、とのことだった。

近くにちょっとの間なら無断で止められる駐車場もあるけど、3台は無理、と思った。最悪 近くのスーパーの第2駐車場に止めて、と思ったけど、歩く距離が長そうに思えた。

隣の社宅の団地は敷地が広い。でも厳しく無断駐車しないように言われている。色々 伝手を経て 会社の総務部の人に電話して お願いしてみると「これから行く」と言ってくださった。

社宅の様子も見がてら 来てくださったようだ。車を止めることを快諾してくださった。有難い。

それから ご近所に挨拶回りをした。

みなさん、快諾して下さった様子だった。

もちろん お隣にも 挨拶に行きましたよ。

奥さんは穏やかな様子だった。ヘルパーさんが来ていた。

それからトサンと二人で 車で スーパーに行って

明日業者さんに お出しする お茶とお茶菓子を買ってきた。

明日は伐採日。

無事 終わりますように。
0

隣が犬を引っこめた ②

民生委員は 隣を 町内会へ入れようと 必死だ。

私が懇意にしていた 近所の人も 民生委員と仲良くなってしまって

以前は私に隣のことを散々悪く言っていたけど

隣のことを好意的に見るようになっていった。

それはいいとしても 私を極端に見下げるようになってしまった。

誰かを大切に思うあまりに ほかの人を 見下げることがあってはならない。

民生委員と二人で私のことを笑ったような感じがする。

以前 隣も民生委員が訪れた後 私を馬鹿にして 笑ったことがあった。

民生委員が そのように 人の心を 操作しているのである。

なぜ 私を貶めるようなことを 民生委員がほかの人に言うのか。

それでは この住宅街の人間関係がメチャクチャになってしまうでしょ。

民生委員が態度を改めない限り この住宅街の平穏はないでしょ。

今の時代は 町内会へ入るのも 入らないのも 自由な時代だ。

隣が町内会へ入りたいのなら入ればいい、と思う。

隣が犬を引っこめた ①

隣が玄関の前に置いてあった 犬の置物を 引っこめた。

そうやって近隣へ配慮してもらいたい。

人騒がせなことは しないでもらいたい。


何年か前 うちの駐車場に ネズミだかモグラだかの 死骸が置いてあって

私がちょうど散歩に行く道筋に置いてあったので ひどく怯えた。

その時はトサンも家にいた。私たちはカメラで写真も撮った。

私は、隣が置いた可能性が高い、と思って 一時 防犯カメラを置いた。

そしたら隣はどこかの組織の人を呼んだ。

パトカーではなかったけれど パトカーの灯りのような 灯りが上についているワゴン車だった。

『又 どこかの権力にうったえて』と思って 私は ひどく 怯えた。

隣との関係は そんなことの 連続だった。


市役所はそれを認めていた。

何かの指導をしているような様子がうかがえたときもあった。

市役所は 隣が何を求めているか その聞き取りに必死だった。

悪いことをするのも 何かを求めているからだ、と解釈しているようだった。

その頃は市役所がそんな解釈をしているなんて気づきもしなかった。

周りの人間が どんなに怯え どんなに悩んでいるか  おかまいなしだった。

今の民生委員は 隣と同じ宗教団体の人なので 隣の味方ばかりしていた。二言目には「障がい者の。障がい者の」と私へ言った。隣の障がい者のことまで心配するのは私の心の大きな負担だった。(今は障がい者は施設に入って家にはいない)

民生委員が隣の話をしようとするので 私が「私は隣の話も障がい者の話も聞きたくない」と言ったら民生委員は「まあ、聞きなさい」と頭ごなしだった。

民生委員は 隣の旦那のことも 「男だから」 と言って擁護した。

隣家には二重の問題があった。

市役所も 民生委員も 障がい者のことだけに 焦点を 当てて その他のことは無視していた。

YouTube Premium 無料トライアル中

タブレットで YouTube の動画をオフラインに保存してみた。1曲の音楽動画だったら20秒足らずで 保存できた。

保存した音楽動画をオフラインで聞いてみた。

感動!!

何だか知らないけど、すごく感動した。音質も全然いいし、オフラインで聞けるし、見られるのよ。

感動以外のなにものでもない。

ヒカキンさんの YouTube Premium に関する動画を見たけど、オフラインで見る前は あまり実感として伝わってこなかった。実際に体感してみると「うんうん、そうそう」と同感できる。

まさに プレミアムな 気分。

広告がないのもストレスレスで いい。

バックグラウンド再生も心地よい。

そして YouTube Premium を購入すると YouTube Music もついてくる。

YouTube Music も スマホやタブレットで オフラインに一時保存できてオフラインで再生できる。


タブレットで オフラインで 音楽動画 聴き放題。キッチンで料理をしながらでも 惜しみなく 聴ける。

いくらでも聴ける。ながら聴き が 惜しみなく できる。

これは 体感してみないと 分からない感覚。

タブレットのデータSIMの通信容量を増やすより 絶対 お得だと感じた。

YouTube Premium を 再購入しよう、と思った。

YouTube Premium 無料トライアル

タブレットのデータSIMの通信容量が足りなくなったな、と感じていた。

(関連記事はこちら → SIMの容量)

YouTube Premium というのがあるのを知ったけど、あまり魅力を感じていなかった。

SIMの通信容量を増やすより しょうがないのかな、と思っていた。

でも YouTube Premium の特徴を良く見てみると 魅力的に見えてきた。

YouTube Premium の利点は

広告なし
オフライン再生
バックグラウンド再生
YouTube Originals が見られること

の4つだ。

私が一番魅力を感じたのが オフライン再生。

オフラインに保存しておけば ネットにつながなくても再生できるらしい。

これって 大幅に通信容量を節約できるのでは、と思った。

GW中は無料期間が3か月あったらしいけど、その機を逃したので、今は1か月の無料期間だ。

YouTube Premium に関する色んな動画があるけど 私が参考にしたのは
「YouTube プレミアム 無料トライアルの仕方」という動画。

パソコンからもスマホからも購入できるけど、私はスマホは持っていないので タブレットから YouTube Premium を購入した。無料トライアルであっても 一旦購入するらしい。

「購入したら すぐに 解約してしまいましょう」とあったので 解約した。解約しても無料トライアル期間中は YouTube Premium が楽しめるらしい。うっかり お金を払ってしまうことがないよう 解約するらしい。

すぐに
「Canceling YouTube Premium?」
とメールが来たけど とりあえず 無視することにした。

これで YouTube Premium が無料トライアルできるようになった。


散歩へ行った

久しぶりに散歩に行った。

川岸に紫陽花が咲いていて きれいだった。

さわやかな風が吹いて 気持ち良かった。


帰ってくると 隣の玄関の前に 何かあるのが視界に入った。

ちょっとびっくりして見てみると 大きな犬の置物があった。

物凄く びっくりした。

隣は留守のようだった。

宗教団体のポスターがなくなったと思ったら

今度は大きな犬の置物。

心臓がバクバクするほど びっくりした。

人騒がせな人たち・・・。

相手にしないようにしよう。

以前にも ものすごく大きなパンダ のぬいぐるみを 網戸の奥に これ見よがしに置いたり(その時も ものすごく びっくりした)

隣にヘルパーが入らなくなったときに

何かの置物をカーテンの下に何かの合図のように置いたり

私たちが いつも 買い物に出かける時刻に 救急車を呼んだり。

隣が何回も救急車を呼ぶので 救急車の隊員の人も対応に苦慮していたのか

隣の門の前に ストレッチャー を置いて 私に気付かせて

私が周りを見回して ちょっと離れたところに止めてある救急車に気付いたら

隊員の人が 私をめがけて 笑顔で走ってきたこともあった。

その時には 隣の旦那も家にいた。

旦那がいて奥さんが具合が悪いのなら 旦那が病院へ連れて行けばいいのに、と思う。

救急車が来ても いつも 搬送なし だった。

隣の旦那一人 あるいは 隣の奥さん一人 では 悪知恵を あまり働かさない。

夫婦になると 何か良からぬことを企む。

午前3時半に隣が雨戸を開けるので

民生委員に電話したら

その二日後に 隣へ ヘルパーが 入った。

私の気遣いや動きを利用する。


とにかく相手にしないのが一番だと思う。


精神科受診

今日は雨。

トサンが病院まで車で送ってくれた。
トサンもいつまで車の運転ができるものやら。


「どうですかあ」
「まあ、なんとか」
「睡眠とか食事とか どうですか」
「前よりは いくらか 良くなりました」
「それは よかった。この次は2か月後とかどうですか」

2か月後はあまりに間隔が空きすぎているような気がしたので
「1か月後くらいで」とお願いした。

以前は3か月後の予約をしたこともあったのだけれど。

最後に先生が
「傘は?」
と私が傘を持っていないことを心配してくださった。

「主人が(持ってます)」
と私は笑顔で答えた。

膠原病内科受診

トサンが退職してから トサンがいつも家にいるようになり、色んなことでトサンとぶつかった。トサンは仕事に行っていたころの気持ちのモードがなかなか抜けずにいたし、私は一日中家にいるトサンへの気遣いで疲れて 喧嘩が絶えなかった。

トサンはすぐに不機嫌な話し方になってしまう人で、今はいくらか改善されたけど、以前はもっとひどかった。何に不満があったのか・・・。

トサンが不機嫌に話した時私が怒ったらトサンは
「お前には気を遣って話さなきゃいけないんだな!!」
と言って怒って喧嘩になった。トサンが
「俺が不機嫌な話し方をしたら『ああ今不機嫌なんだなあ』と思っといてくれよ。いちいち気にするなよ。そうじゃないの!!」
と怒った。

それから私はトサンが不機嫌な話し方をしても それを受け止めて 優しく声を返している。

しばらくそうしているとトサンも普通にしゃべるようになるので、それでいいかなあ、と思う。

トサンの膠原病内科受診だった。

トサンは何気なく不機嫌に話す。私は優しく返す。でも後からどっと疲れが出た。

病院から帰り、昼食を済ませ、二階のベッドでビデオを見ながら 10分づつ 2回眠った。ビデオを巻き戻して 見ていないところの時間を計ると 何分眠ったかが分かる。

トサンの気持ちが それで穏やかに保てるのなら それでいいかなあ、と思う。もしかして看病ってそういうことまで含めて 看病というのかもしれない。

そういう風にしたほうが 二人の関係性も崩れないしね。私が疲れたら休めば それでいいことだから。

先生が プレドニンを又減らしてくださった。去年までは5mm飲んでいた。何回か減らしていただいて 今は2mmになった。プレドニンは必要な時には飲まないといけない たいへん 重要なお薬だけど 副作用も多く、たくさん飲んだり、長期間飲んだりするときには注意が必要だ。トサンは30年も飲んでいた。

プレドニンを減らした代わりにコルヒチンが2錠に増えた。コルヒチンは副作用の少ない お薬だそうだ。

蕁麻疹のお薬も2錠から1錠に減らしてくださった。私はトサンの花粉症は治ったと思っていたのだが、蕁麻疹のお薬がとても強いお薬なので花粉症の症状が出なかっただけなのだそうだ。

繕い物

この間 珍しく 高野豆腐の豚肉巻きを作って 高野豆腐が余っていた。その余った高野豆腐と 百円で買ったシイタケの 煮ものを 私は作っていた。

台所の椅子に腰かけると トサンもやってきて コーヒーを入れた。午後3時過ぎ。

トサンが
「パジャマのゴム 替えてやろうか」
と ボソッと 言った。私は
「ほんと? うれしい」
と言った。

トサンが会社勤めをしていたころは 家事は全部私がしていた。

なんでも「はい。はい」とトサンの言うことを聞いていた。

退職して何年か過ぎ トサンが帯状疱疹を発症した時 あまりにも私に色んなことを やらせるので
「自分のことは自分でやりなさい!」
と 私は怒鳴った。

トサンと暮らし始めてから 私がそんなことを言ったのは 初めてのことだった。

それからトサンは 自分のパジャマのゴムを替えたり、綿毛布を使いやすい様に 縫い合わせたり 自分でしていた。

『今日は私のパジャマのゴムを替えてくれるって・・・』

トサンはすぐに居間で繕い物を始めた。

私はガス火を止めて そっと 庭へ出て簡易椅子に腰かけた。

自然と涙が流れた・・・。

13歳で親元を離れてから そんなことをしてもらったことはない。

トサンの優しさに涙があふれた。

予約投稿したら記事が反映されない

ブログのプレミアム オプション に お試しで入っている。

プレミアム オプションでは 広告が非表示になったり ブログの容量が拡張されたりと 色々特典があるのだが、私は予約投稿ができるのが魅力で 入ってみた。

記事を予約投稿して寝たらぐっすり眠れた。

でも翌朝見てみると ブログ村に反映されてなかった。新着記事として どこにも載ってない。

「予約投稿では新着記事の更新が反映されないことがある」とブログ村のヘルプページで読んだことがあるような気がする。

ああ。予約投稿して ぐっすり眠れてたのに 又眠れなくなるのか・・・。

とりあえず 昨夜は5時間くらい眠れたけど。

残念。

プレミアム オプションは 今月中に解約しようかな・・・。

伐採業者 決定!

「10万円で切ります」と言ってくれた業者さんは良心的な業者さんだった。

前記事で 悪口みたいなことを 書いてしまった。

ごめんなさい。

早速 見積書が送られてきて

伐採のみの場合は 税抜きで 105,000円。

伐採と処分費込みの値段は 税込みで 16万円弱。

見積もりに来てくれた時に うちの木を随分と気に入った様子だった。

薪ストーブを使っているので その 薪 にするんだ、と言っていた。

だから 薪 にする部分の処分費用は無料となっている。

資源の有効活用で環境にも優しいってことね。

トサンと話し合って この業者さんに 伐採と処分の両方をお願いすることにした。

処分だけを他の業者に頼むのも
依頼する手間
本当に来てくれるか、という心配
金額も確定したものではない
ということを考えると 伐採してくれる業者さんに頼むのが一番良い、と思えた。

うちの予算は10万円だった。それを大幅にオーバーしてしまったけれど 初日に見積もりに来た業者の見積額よりも 随分と安くなった。

うちにとっても 折り合える金額になった ってことね。

ほか 2社の 見積もりは 断った。

伐採は7月になるそうだ。

これで心配事が一つ減った。

伐採専門の業者さんだから うちとしても 安心だ。

良い業者さんに巡り合えて 良かった。



伐採した木の処分費

市から許可を受けた業者に 伐採した木の処分が頼めるか聞いてみたら 引き取ってくれるとのこと。

「2トン車で 3万5千円くらい」だそうだ。

これで処分費が大幅に削減できることになった。

枝を束ねたり とか 細々とした作業は トサンと私でやらなければいけないけど。

処分費が安くなるのなら 労力は 惜しまないつもり。


あとは伐採費用だけど

電話で 「10万円で切ります」 と言っていた業者は

いざ木を見てみると 10万円では やってくれない様子。

『あまり無責任なこと言わないでよ。こちら期待しちゃうじゃない』

メールで見積書を送る とのこと。

初日に来た業者は その場で 見積額を言ってくれたけどなあ。


あと 2社 見積もりに来てくれることになっている。

どれくらいの見積額を提示してくれるのか・・・。



      応援ポチ ありがとうございました  励みになります

伐採と処分

あと 3社 見積もりに来ることになっている。

今日電話をくれた業者は「10万円で切ります」と言ってくれた。でも まだ木を見ていないんだけど・・・。

切った木の処分を依頼すると「処分のほうが高い」と言われた。

来週 見積もりに来てくれることになっている業者も「処分がたいへんだ」と言っていた。

市から許可を受けた業者に 処分を依頼してみようかな、と思った。

夕食時 トサンと話し合っていて そのことを思いついた。

伐採と処分を一つのこととして考えていた。

分けて 考えたら 何か良い方法があるかもしれない。



今日の収穫

今日の収穫はキューリとピーマン。

画像



キューリは味噌をつけて ピーマンは千切りにしてマヨネーズをつけて食べます。


木の伐採業者が来て 見積もってくれたけど 税込み28万円位だった。とても そんな大きなお金は出せないので、別の業者を呼んでみたら 30万円 と言われた。

ああ。それが相場なのか・・・。ああ。

2番目に来た業者は はなから やる気がなさそうだった。

最初に来た業者が良心的な態度だった。

又 別の業者に 当たってみてるけど 返事が来るのやら 来ないのやら 今のところ分からない。

木の伐採 一つ取っても 心労が絶えない。お金をポンと出せるのだったら苦労はしないけど、何とか折り合いのつけられる値段で、と思ったら、色々苦労しないとね。



木の伐採

今朝 木の伐採業者に 電話して 木の伐採を頼んだ。午後見積もりに来るそうだ。

泰山木。この時期になると葉っぱが散れて トサンも 落ち葉拾いにたいへんそうだ。ご近所にもご迷惑をかけ
ているし・・・。

画像



以前、泰山木は上のほうだけ剪定してもらった。崖のほうに植わっているので 木を切ってしまうと 崖崩れを起こしてしまうのではないか、と心配したのだ。上のほうだけ切っても無意味だった。落ち葉が半端ない。

その時 木蓮の木は伐採してもらったのだが、両方合わせて 十万円だった。木の伐採って 結構 お金がかかるのよね。

その時は うちの物置を組み立ててくれたエクステリアの業者に頼んだのだが、木の伐採は得意ではなかったようで、おっかなびっくり やっている様子だった。

今回は専門の伐採業者に頼んだので、うちのほうとしても安心だ。

気になるのはお値段。できるだけ安く、というのは、こちらの心情だけれど、安全第一でしょうからね。



梅雨に入りました

梅雨に入りました。

除湿剤を取り替えました。

画像



洗面台の下。


画像



台所の物置。

すのこを敷いています。


画像




居間の押入れ。

すのこを敷いています。


画像



カビの健康被害がなくなります。

他の歯を守るために

昨晩は何回も目が覚めたけど 今朝7時前まで眠れて 寝足りた感はあった。


トサンは 半年前に 義歯ができてきて 人生で初めて 部分入れ歯を入れた。
一昨日が 義歯を入れてから 初めての診察だった。

夕食が終わった後のトサンの感想は
「半年前に 義歯を入れたときは 義歯が馴染んでいなかった。
半年経って 義歯が馴染んで さらに調整してもらったから
しっくり おさまっている。
以前は 留め金も バラバラになっていて コーヒーを飲んでも
義歯がプカプカと浮く状態だった。
今は しっくり おさまっているので とてもいい感じだ」
とのこと。

健康保険で作った義歯なので 食事をするときは やはり不安で外すのだそうだ。食事をするときに使えない義歯なんて、という思いもあるかもしれないけれど、他の歯を守るために 普段は義歯をしている。

一昨日 歯科衛生士さんも言ってたけど 一番奥の歯が倒れこんでくることがあるそうだ。トサンが抜いたのは奥から2番目の歯なので。その他の歯も義歯を入れていないと だんだん スキッ歯になってしまうのでは、と私は危惧した。

とりあえず トサンが満足している様子なので 良かった。



歯科受診

昨朝も3時頃目が覚めた。

10時頃ブログ記事を書いて予約投稿したら安心して15分ほど眠った。

ブログのプレミアムオプションにお試しで入ってみたのだ。

夜 寝入って 50分くらいで目が覚めてしまった。

今度は その予約投稿が気になって眠れない。

困ったものだ。


昨日はトサンの歯科受診だった。

トサンが診察室へ入り、歯科衛生士さんが待合室の私のところへ来て、「歯のお掃除をして 義歯の調整をします」と言った。

私は食事中は義歯を外していることや「 ちょっと神経質なところがある人なので適当にやってください」みたいなことを言った。

義歯の調整はしっかりとやってくださったようだ。

でも「すぐに緩む」と説明書きにあった。

トサンは義歯を入れたまま食事するようなことを言っていたけど 夕食時には義歯を外していた。



抜歯の後

トサンは去年の9月頃 奥歯を抜歯した。
奥歯が割れてしまったからだ。
夜中の歯ぎしりがすごく強いと割れることがある、と歯科医の先生がおっしゃってた。

トサンに歯磨きの習慣はない。
それでも とても 歯が丈夫で 抜歯した以外の歯は全部残っている。
それぞれの歯も大きくて 力強い歯だ。

小さい頃 鍋を抱えて イワシなど 鍋一つ食べていたそうだ。

トサンは人生の中で4回しか 歯医者に通院したことがない。
それも私と結婚してから。
その前は 歯医者さんに行ったことはなかったそうだ。

抜歯した後 保険で作れる入れ歯を作った。

画像



ティースプーンと比べても とても小さい。
赤みがかったところは 歯茎に被せる部分だから
石自体は とても小さい。

とても咀嚼に耐えられる歯ではないので
食事の時は 外している。

それでも入れ歯をしているのは
他の歯の隙間がどんどん空いていくのではないかと懸念して
トサンに入れ歯をするよう勧めたから。

歯が一本ないだけでも 口の中の状態が変わるようで
食事中に私が話しかけて
トサンが答えようとしたときに
舌を噛んでしまったことが 2回あった。
その他の時も 舌を噛んだときがあった。

昔の保険で作れる入れ歯は もっと 大きいような気がしたけど
私も入れ歯はしていないので 分からない。

明日はトサンの歯科の定期検診。
さてさて、どうなりますことやら。
多分 入れ歯の調整をしてもらって
歯のお掃除をしてもらって
それで終わりでしょうね。

リフォームの写真を公開した訳

昨夜寝入ってから2時間くらいで目覚めてしまった。チョコやチーズを食べたけど眠れなかった。

朝食に茹で卵とチーズを食べて、お昼の照り焼きチキンピザ用の照り焼きチキンを朦朧とした意識で作って、二階のベッドで30~40分くらい熟睡した。

トサンの車で買い物に行って、頭がカオス状態のまま、何とか買い物を済ませた。

買い物に行ったのが気分転換になったのか、家へ着くと『なんで昨夜眠れなかったのか』だんだん分かってきた。

前記事の「我が家のカビ対策」は状態の良いときに下書きしておいたものだった。公開するときに『こんな写真を掲載したら 読者の方に反感をもたれるだろうな』と思った。

でも どうしても公開したい理由があった。

うちは床下換気扇を時々回している。この家は中古物件で 床下換気扇は前の住人が つけていたものだ。前の住人から「換気扇を回してくださいね」と言われていた。

2年後に隣が引っ越してきて、その2年後から隣へヘルパーさんが入るようになった。

隣の奥さんが うちが床下換気扇を回しているのを気にしている素振りでヘルパーさんと話していた。その頃から隣とは隣人トラブル状態にあったので 私は無視していた。

状況が変わり 私はもう隣の奥さんに悪意を持ってはいない。

「床下のカビ処理をしましたので 大丈夫ですよ」と どうしてもアピールしたかったのだ。訳あって 隣の奥さんとは 話さないことにしているから 直接伝えることはできない。 ブログに書いたからと言って伝わるわけでもない。

でも どうしても「大丈夫ですよ」とアピールしたかったのだ。

だから 気持ちの上で無理があったけど 公開した。

公開した理由も言えないことが苦しかった。

それが眠れない理由だったんだ、と気づいた。

昼食後 10分 うたた寝した。

今晩は眠れるだろうか。

我が家のカビ対策

トサンが退職して 初めての夏のこと。
「俺は今まで灼熱のなかで仕事していたんだから、今年の夏だけは冷房のガンガン効いた部屋にいたい」
と言って、昼間は、部屋の換気もせず、毎日エアコンをかけっぱなしでした。

その年は10月に一週間くらい物凄く暑い日が続いて、
居間がとてもカビ臭くなりました。

「畳がカビ臭いよ」
と言っても、トサンは他の匂いは分かっても、カビだけは分からない体質だったようで
「消臭剤でも撒いときゃいいだろう~」
と他人事のように言うので、
「そういう問題じゃないでしょう!」
と私は言って、トサンと大喧嘩になりました。
私には消臭剤でカビの健康被害がなくなるとは思えなかったからです。

話し合って、居間のリフォームをすることにしました。

先ず、業者に床下のカビ処理をしてもらいました。

「畳は高級なイ草を入れような」と二人で話し合って、二人ともいい気分でいました。
ネットで紙の畳があることを知り、
『カビ対策には、天然のものより紙のほうがいいのではないだろうか』
と私は思いました。
紙でできた畳にすることになりました。

楽○市○で買いました。施工もしてくれます。

「ダイケン畳」


画像




京壁は一度全部剥がして、塗りなおしてもらいました。


画像






押入れは、以前は、中のものを全部出して、拭き掃除をしていました。
今はすのこを敷いています。除湿剤を入れて、年に数回除湿剤を取り換えています。



画像




以上で、部屋は全然カビ臭くなくなり、カビも生えなくなりました。



庭の花です。

ジギタリス という 花 だそうです。

トサンが種から育てて 3回 冬を越したそうです。


画像



午前中 熟睡

今朝はちょっと寝不足気味で目を覚ました。

トサンが起きてきて
「おはよう」
「おはよう」
と交わすも 声が トサンも私も こころもとない 感じがした。

『トサンが喜ぶかなあ』と思って 庭の花の写真をプリンターでプリントアウトした。

トサンは接写じゃなく、少し遠景が好きだそうだ。
「庭の様子が分かって良い」と。

私はどうしても接写してしまうのだけど。

そんなことをしても 二人とも 心もとないような気がした。

私は二階のベッドで10時頃から30~40分 熟睡した。

目覚めても熟睡感はあったけど、朦朧としていた。

皆さんのブログ巡りをして 読んでいるうちに 意識がはっきりしてきて 気持ちも安定した。

私の心が決まると トサンも回復するような気がする。

昼食時は活発に二人で話した。

今日は 朝は雨で それから曇り 午後は薄日が差した。

トサンは 雨がやんだ後 一日 庭仕事をしていた。

私は午後遅くほんのすこしだけ散歩した。

今日は散歩へ行かなかった

昨夜は中途覚醒はあったものの6時前まで眠れて 半年ぶりくらいに良く眠れたと思う。

でもスーパーでトラブってしまって トラブルは解決したものの トサンがねじを曲げてしまって 夫婦関係が壊れた状態にあった。トサンは争いを好まない。トラブルが嫌い。悪く言うと ことなかれ主義。我
慢して怒りを溜め込んでしまうタイプ。そして終いには爆発してしまうタイプ。

スーパーの本部に電話して 事情を話して トサンと話してもらった。それでも機嫌悪そうだったが 本部の人が「大丈夫ですよ」と言ってくれた。

トサンは優しくて思いやりが深い。それは分かっている。隣家に対しても思いやりが深い。私はトサンの思いやりに助かってきたところもあったけど 基本トサンは私に厳しい。極めて厳しかった。

「あなたがそういう気持ちでいられるのも 私がいるからじゃないの」と言ったら「そうかもなあ」と言っていた。「昔 新聞屋さんとものすごくトラブったと言ってたじゃない」と言ったら「あれは向こうが悪いんだ」と言ってたけど。

午前中スーパーへ買い物に行って、何気なく昼食を食べて、午後何時頃だったろう「あなた怒ってる?」と聞いたら「怒ってる」と言った。

すぐには言わない人。気にかけて たずねないと 言わない人だ。

本部の人と話して 少しはトサンの気持ちも和らいだようだ。でも どこまでトサンの気持ちが回復しているのか 知る由もない。

私も気落ちしている。

今日は眠れるだろうか・・・。

今日は散歩へ行かなかった。

以前は 毎日 散歩へ行っていた。

これからは 時々 散歩へ行こうと思っている。

隣を刺激しすぎないためにも。

私の体の負担を抑えるためにも。

天に感謝

散歩へ行こうと 家を出ると

隣の門に 宗教団体のポスターがかかっていなかった。

いつから かかっていなかったのか。今日気づいた。

私は 頭に食い込んでいた つっかえ棒 みたいなものが 外れたような気持ちになった。

頭が楽になった。

隣からヘルパーさんの声が聞こえたが

あまり気にならなかった。

散歩していても体が軽かった。

最近 あまり 歩けなくなっているので 遠くまでは行かなかった。

誰に感謝。

天に感謝。



うっぷんが溜まったので

昨夜は5時間半くらい眠れたと思う。

今朝 割合 早くから

ブログのデザインプレートを選んだり 替えたり

ブログ村のオリジナルバナーを制作して 設置したり

手間取ったりして 時間がかかってしまって すっかり 疲れてしまった。


トサンが散歩へ行ったので

トイレと洗面所の掃除をした。


トサンが散歩から帰ってきて

お昼に お好み焼きを作った。


昼食後 二階のベッドで テレビを見ながら うたた寝 した。


目が覚めると 「散歩に行こう」と思った。

二週間くらい 散歩に行っていない。

うっぷんが溜まってしまった。

昨日の午前中はスーパーまで歩いて買い物に行ったんだけど。



荒れてます

今朝は3時過ぎに目が覚めて 5時間くらい眠れたから 充分とは言えないだろうけど 最低限の眠りはできたと思う。でも昨日が全然寝不足だったからね。

今晩は寝入って10分くらいで目が覚めてしまった。


トサンが「そういう目で見ているから」と言ったことあったけど 何のことに対して そういう風に言ったか忘れたけど 私のことにも当てはまってたのよね。

頭からそういう目で見てるから そういう考えしか浮かんでこない。

市役所の担当者も包括センターの人も 頭から私をそういう目で見ていたから そういう考えしかなかった。自分たちのやってきたことは正当化しているわけだから それに何の疑問も抱いていなかった。

例えば 包括センターの人が家に来て 「家がきれいに掃除されすぎている」みたいなこと言われた。若い頃は掃除ができなくて散々怒られた。掃除しなきゃ怒られるし、掃除をすると批判される。

『掃除をしすぎているから頭が変になってるんだ』みたいに思われているような感じがして そんな質問もされたような気がするけど 「冷蔵庫の中は何年も掃除していないし、タンスの中はシッチャカメッチャカ」と言ったら 包括センターの人 笑ってたけど 私への偏見が消えることはなかった。

家事をして 気持ちが落ち着くってこともあるのよ。

「パニックになりそうになった時 普段やってることをすると 気持ちが落ち着く」 とどこかで読んだような気がする。

現に昨日 寝不足だったけど 埃取りの掃除をして その後 うたた寝 できたじゃない。

包括センターの人に「こんなに気を遣う人は初めて見た」と言われたけど 私はいい様に利用されただけだった。
いい様に利用されて 私の精神状態までおかしくなった。

「入院する」「入院する」と騒いだ。包括センターの人は 電話口で 笑いながら「それもありね」と言った。

トサンが「頑張れ。頑張れ」と言った。トサンにそう言われて 『もう頑張れない』と思ったけど 耐えてよかった。だから今の暮らしがある。

「化粧ぐらいすれば」みたいなことも言われた。若い頃は「化粧しすぎ」と怒られた。

いちいち、他人の言うこと聞いてられないわ。

化粧だってすれば 年間10万円位 かかるだろうし、10万円て うちにとっては 大きなお金。どうせ半ひきこもりの生活だし 化粧必要ないでしょ。
眉は描くけど。

どこにお金を使うか その家庭によって違うでしょ。旅行が趣味の夫婦だったら 普段は質素な暮らしをしているかもしれない。

いちいち、うちの生活スタイルに 口出さないで欲しいわ。

包括センターの人に来てもらって 話を聞いてもらって 何のいいこともなかった。批判されて いい様に利用されただけだった。精神状態までおかしくなった。

これからは又新たな気持ちで お世話になるかもしれないけど。

意識を他へ

今朝0時半に目が覚めてしまった。それから眠れなかった。

以前は 睡眠時間が少ないと 慌てていたけど
『なんか 眠れないことにも慣れたわ』
と思った。

2時半頃 紫陽花の蕾の写真をブログで公開した。

7時頃 トサンが2階から降りてきて 普通に
「おはよう」
「おはよう」
と交わす。

冷蔵庫にある 茹で卵 と チーズ を食べて ビタミンC と 甲状腺機能低下症のお薬のチラーヂン を飲んで 私の朝食はそれで終わり。

トサンは 魚の煮つけ が好きだからいつも作って冷蔵庫に入れておく。生野菜も食べやすく切って冷蔵庫に入れておく。

それだけ しておいて あげれば トサンは自分で それらを冷蔵庫から出して 電子レンジでチンすればいいものはチンする。

トサンは退職したては チン もできなかった。使い方を教えてあげた。親切心で教えても トサンは怒る人なので、教えるのも たいへんだった。(教えてもらうのが 男の沽券に係わるのかな?)

それから私がゴミ出しの準備をして トサンがゴミを捨てに行ってくれた。

寝不足でも どうっていうことはない。
ただ 頭がボーっとしていて 体が怠いだけ。

それでも ハンディワイパーで 家じゅうの 埃取り の掃除をした。

それから私は少し うたた寝 できた。

トサンは散歩へ。

昨日の夕方 隣の奥さんが雨戸を閉める音で 眠れなくなっていた。

そんなこと いちいち 気にしても しょうがないのにね。

意識を他へ持っていくといいのよ。

私は今散歩をやめている・・・。隣を刺激したくない・・・。






紫陽花の蕾

庭の花です。

アジサイが蕾をつけました。

画像














庭のことはトサンがやってくれます。

私は たまに 草取りをするぐらいでしょうか。


バラです。

画像



















しどろもどろ

トサンの膠原病内科受診だった。


3月までは内科で診てもらっていた。

トサンは日常会話は普通にできるのだけれど、先生との話となると緊張するのか 内科では しどろもどろ だった。

『助けて』のサインを私に出したりしていた。

診察が終わってからトサンに「合図しなくても大丈夫よ。先生の話はちゃんと聞いてるから」と言ったりした。

内科で無理に診てもらっていた。以前は膠原病の先生がいなかったのかな?

20年診てもらった。

たいへんお世話になった。


4月から膠原病の先生が常勤になったので、膠原病内科で診てもらうことになった。

『プレドニンの減薬を 又 先生に お願いしていかなくちゃいけないのかな』と思って気が重かったのだけれど 先生のほうから「減薬して行きましょうね」と言ってくださったので とても安心した。

『先生の質問に私が答えなきゃ トサンじゃ 又 しどろもどろ になるかしら』と心配したけど 受診を待っている間に 先生にお話しすることを トサンと話し合ったので トサンも先生の質問に 割合スムーズに答えられたようだ。

先生の質問に「う~ん」と言ってなかなか答えられないものもあった。

診察が終わってから トサンに 症状のことをよく聞いて 様子が分かったので 次回の診察の時に 先生にお話ししようと思う。

去年の2月 トサンが帯状疱疹になってから トサンの受診に付き添うようになった。

トサン一人での受診は こころもとない ので 付き添うことが必要だと感じている。トサンもそのほうが安心するようだ。

トサンの受診に付き添うようになってから トサンとの関係も 良くなった と感じている。それまでは 喧嘩 ばっかりだったけど。

なんで あんなに 喧嘩ばかりしてたのかなあ。『俺のほうを見てくれ』という トサンの心の声だったのかなあ。

具合が悪かった理由

体の具合は一時的に回復したものの 昨日の午前中は又頭がカオス状態になっていた。


10日ぐらい前 散歩へ出た時 スーパーのレジ袋を持った隣の旦那とすれ違った。

旦那はクシャッとした すごく嫌な顔をしていた。

それからだった。私の具合が悪くなったのは。

もう隣のことは書かない、と思っていた。吐露しないことが 私の具合をさらに悪くさせていた。

散歩から帰ると 隣の駐車場に旦那の車はなかった 。『又夫婦二人で私を腐す話をして 出かけたのだろう』と思った。

隣の旦那も奥さんも 私を見るだけで 私から エネルギーを吸い取る。それでいて私を腐す。

もう20年くらい 隣の夫婦が私を腐す歴史が続いているから 今更それをどうすることもできない。

今までは ヘルパーも民生委員も市役所も それに乗っかってた。

『今は ヘルパーや市役所は それに 乗っかってない』と思う。

隣の夫婦は私を利用するだけ利用してきた。

人の機会を利用する人は この世にいるらしい。



撫子

庭に咲いた花です。

こちらは ナデシコ でしょうか。

根腐れもせず 冬を越したそうです。

画像





こちらは ナデシコ ですね。

画像





SIM の 容量

うちのインターネット回線はADSLで 電話局が近いので 速いので 特に不満はないのだけど(安いし月額2千円くらい) 以前は wifi にしていたのだけれど、サイトに行くと バンバンバンと音が出て その音がだんだん大きくなって しまいにはパソコンが壊れた。

色んなところへ 問い合わせたけど 原因が分からず(wifi の機器が古くて安いものだからか)それから有線に戻した。

タブレットも その wifi で繋いでいたのだけれど SIM に変えた。3GBで月額700円の 一番安い のに入っているのだけれど 容量が足りない。

動画とか一時保存できる youtube premium というのがあるらしく 調べてみたら 48時間しか保存できないと記載がある。

48時間では私には意味ない。

SIMの容量を増やすより しょうがないのかな。

体が硬い

今朝は4時に目が覚めた。

5時間眠れたと思う。

昨日は3時に目が覚めた。

以前は7時までも8時までも良く眠れていた。

体も柔らかくて良い気持ちで目が覚めた。

今は 体が硬い。

眠れて眠れてしょうがない人が羨ましい。





実は・・・

実は最近体の具合が悪かった。

ブログは下書きしたものをアップしていた。
下書きはあまり書かないようにしようかなあ。
下書きが状況の変化に追い付かないから。

隣との隣人トラブルに端を発し、
市役所とのトラブル、保健所とのトラブルに発展し、緊張状態が続き、
睡眠不足も続いて、体の具合が悪くなったのだと思う。

体の疲労が半端ないので 持病の甲状腺機能低下症が悪化したのかしらと思って、内科を受診したら、血液検査数値に問題はなかったので、とても安心した。


私は、市役所とのトラブルや保健所とのトラブルは解消した、と思っている。

できれば 今回の件を 良い 教訓にしていただきたい と思う。
国の力を入れるときに ザックリとではなく もっときめ細かに そこにどんな問題が隠れているかまで 配慮していただきたい。

私の問いに 担当者は 「ニーズがあるから」 と言っただけだった。 当事者のニーズにだけ耳を傾けるのではなく、周りの状況まで把握して欲しい。「木を見て森を見ず」という言葉もあるじゃないですか。


私の言葉が届くのかどうか 私には分からないけれど

私たちは ただ 平穏で穏やかな 生活が送れれば それでよい、と思っているだけである。






気持ちのコントロールで解決できないこともある

前記事で トサンとの 気持ちのコントロール のことを書いたけど、どんなに気持ちをコントロールしても、解決できない問題がある。そのような問題に直面した時、うちは夫婦げんかになる。壮大な夫婦げんかになる。収拾がつかないような夫婦げんかになる。


体の負担を減らすために、トサンは断酒した。だから以前ほど、とんでもないことにはならないけど、それでも相当とんでもないことになる。


お酒を飲んでいたころ、喧嘩になった時、トサンの言葉や行動に、とても恐ろしいものを感じた。「さあ、殺せよ!殺せよ!殺してみろよ!」と言って、体を大きく揺らして私に迫った。私を殴りはしない。私に触れもしない。でも、その言葉と行動に、とんでもなく恐ろしいものを感じた。どうにも収拾がつかなかった。


私はその晩は、カウンセラーに電話して、収拾して、なんとか眠れた。それは、隣へのヘルパー派遣が毎日になった時のことだった・・・。


それから状況も変わった。


私は、新たな気持ちで生活して行きたいなあ、と思う。トサンとの関係も落ち着いているし、このまま穏やかな暮らしが続けばいいなあ、と思う。




気持ちのコントロール

以前トサンと喧嘩したとき
「私はこんなに気持ちをコントロールしているのに」
と言ったら、トサンも
「俺だって、気持ちをコントロールして、コントロールして・・・」
と言った。


トサンは気持ちをコントロールして、相手に不快な思いをさせないように努力する人だ。トサンが気持ちをコントロールするので、私も気持ちをコントロールするように、なっていった。


ある時、トサンが不機嫌な顔をしているので、その理由を聞いた。トサンは色んなことを我慢してしまう人で、なかなか口に出して言わない。体に症状が出ても、すぐには言わない人だ。だからトサンが身体的に具合が悪いにしろ、精神的に気に食わないことがあって不愉快な思いをしているにしろ、それをトサンの表情から読み取って、トサンに聞くようにしていた。


トサンはそれを嫌がる。その時も「俺の表情を、いちいち、うかがうな!」と怒った。「ほっといてくれ」と。「俺が不機嫌な表情をしていたら『ああ今は機嫌が悪いんだなあ』と思っといてくれよ!そうじゃないの!」と言った。


それでトサンと色々言い合って、トサンが不機嫌な理由も分かって(理由が何だったかは忘れた)一件落着となった。


トサンは怒りを溜め込んで爆発する人だから、その都度その都度、不満を解消して、心身ともに快適でいてもらいたいのだ。ベーチェット病は気楽に過ごすことが一番の薬のようだから。


そんな喧嘩をしてから、トサンが不機嫌な顔をしていても『ああ今は機嫌が悪いんだなあ』と落ち着いた気持ちでいられる時もあるようになった。