いつ爆発するか・・・


トサンはベーチェット病を発症して

三十数年になる。


耳鼻科、皮膚科と経て内科で二十年診てもらった。


今は膠原病内科で診てもらっている。



内科で診てもらうようになった二十数年前

何の理由か忘れてしまったけど検査入院した。


トサンは受け答えにとんちんかんなところがあるので

神経内科で脳の検査までしてもらった。



検査が終わり

先生が確か「異常がない」とおっしゃった。


トサンの体を心配していた私はその時

「悪くなる可能性はありますか?」

と聞いた。

「可能性と言われると・・・」

とその時先生はおっしゃった。



その後症状が出て入院した。


「これは大変だ」

と内科の先生も思ってくださったと思う。


重大な病気として認識してくださったと思う。



退院して月一回の通院を

トサンはずっと続けていた。


先生が二月に一回の通院にしてくださったとき

やはり症状が出て

それからはずっと月一回の通院をしていた。


時々は体の具合が悪くなった時

入院までしなくとも点滴を受けたりした。



今症状が出ていないから

膠原病内科の先生も軽く考えているとしか思えない。


トサンは体の内に重大なものを抱えている。

いつ爆発して症状として出てくるか分からない。

今度症状が爆発的に出たら

トサンの命に関わるかもしれない。

長年トサンを看護してきた私は

そのように感じているのである。



膠原病内科の先生も

トサンが症状が出た状態を

実際に見ていないから

軽く考えているとしか思えない。


だからあんなひどいことを言うんだ

としか思えない。


関連記事→患者の家族を敵視するのではなく医師の味方に


それともめんどくさい患者はよその病院へ行ってくれ

と思っているのか。


ランキングに参加しています。 ポチっとお願いします。。 にほんブログ村 病気ブログ 家族の病気・看病へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント