やめていた散歩を夫が再び始めた理由

トサンは退職してから一日中家にいたので 太ってきてお腹も出てきた。


それで自分から散歩をするようになった。


でも お腹は なかなか へっこまなかった。


私は自分がしていた糖質制限食をトサンにも提供してみた。


トサンのことも考えて 自分では食べないような糖質制限食も作って 夫に提供した。


例えば 豆腐やエリンギやカリフラワーや高野豆腐を使った もどきごはん を作ったりした。(私は そういうものは 食べなかったけど)


高野豆腐を使ったサンドイッチとか、もどきごはん を使った 親子丼や三食丼や その他 色々作った。


そうしているうちに トサンは痩せてきて お腹もひっこんだ。


そうしたら 途端に トサンは散歩をやめてしまった。


糖質制限食は運動しなくても太らないので ますます散歩せず、冬の間は庭仕事もなかったらしく、一日中テレビを見て過ごすような生活になってしまった。


私は以前歩けなかったのだけれど、 歩けるようになってから気分転換に散歩へ行くようになっていた。


ある日 散歩から帰ると トサンは物凄く不機嫌で 夫婦喧嘩になってしまった。


トサンは一日中テレビを見て、気分転換できず、怒りを溜め込んでしまったようなのだ。


トサンは帯状疱疹を発症してしまった。


喧嘩のストレスからなのか・・・。 長年服薬しているステロイド剤の副作用なのか・・・。


トサンは帯状疱疹のお薬を飲みながら 1か月ほど家で静養していた。


その間に 私は 生活の見直しをした。とにかくトサンの気分転換を第一に考えて。


それまで 車で どこに行くのも一緒だったけど スーパー以外のホームセンター、ドラッグストア、洋服屋などはトサンに一人で気分転換がてら行ってもらうことにした。


それまでは いつも 私が支払いの役目をしていたので トサンにも お金を支払う喜びも味わってもらいたいと思った。


そして もう一つは 散歩をしてもらう。


トサンが帯状疱疹になってからトサンのベーチェット病の病院受診にも私は付き添うようになった。それもトサンの気持ちの安心材料になったようだ。


そんなわけで トサンは又散歩に行くようになった。

トサンは今二日に一回くらい散歩に行っている。



そんなちょっとした日常の変化が気分転換になります。

逆に私はあまり散歩に行かなくなりました。(笑)


トサンが散歩中に買ってきた鉢類です。


IMG_0566.jpg

↑こけ玉 百円

IMG_0568.jpg

↑お金のなる木 三百円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント