気持ちのコントロールで解決できないこともある

前記事で トサンとの 気持ちのコントロール のことを書いたけど、どんなに気持ちをコントロールしても、解決できない問題がある。そのような問題に直面した時、うちは夫婦げんかになる。壮大な夫婦げんかになる。収拾がつかないような夫婦げんかになる。 体の負担を減らすために、トサンは断酒した。だから以前ほど、とんでもないことにはならないけど、それでも相当とんでもないことになる。 お酒を飲…

続きを読む

気持ちのコントロール

以前トサンと喧嘩したとき 「私はこんなに気持ちをコントロールしているのに」 と言ったら、トサンも 「俺だって、気持ちをコントロールして、コントロールして・・・」 と言った。 トサンは気持ちをコントロールして、相手に不快な思いをさせないように努力する人だ。トサンが気持ちをコントロールするので、私も気持ちをコントロールするように、なっていった。 ある時、トサンが不機嫌な顔…

続きを読む

お昼の会話

トサンとの昼食時の会話。 「私が歩けるようになって、散歩に行くようになった時、あなた『目線を上げろ』と言ったわよね」 「うん」 「最近、目線が上がったのよ」 「下を向いて歩くと危ないんだよ。車とか」 「そうそう。車にぶつかりそうになったわ」 「そうだろ?」 「下ばっかり向いて歩いてた。自分の靴とか、道とか、ばっかり見て」 「うん」 「目線…

続きを読む

弱音

昨夜は あまり 眠れなかった・・・。 時には弱音も吐きたい。愚痴も言いたい。 トサンに物事を相談すると 以前は、最後は私への説教になって終わる、というパターンだった。 今でも、私の言葉を受け止めてくれない。 聞いてくれるだけでいい、と思っても 途中からは、私がトサンの話を聞いてトサンのことを理解する、 というパターンになってしまう。 頑張ってきたのよねえ、私。 …

続きを読む

不覚

散歩に出るときに、ポスターはくるりと避けたのだが、不覚にも、隣の駐車場に見慣れぬ車があるのを、ばっちりと見てしまった。 『旦那の車が車検か?』 『この連休に、そんなことはあるまい』 『ヘルパーか?日曜日なのに』 ヘルパーにしても、地域の人にしても、その車に圧力と圧迫感を感じた。 散歩の間中、気になって、あまり気分転換できなかった。 最近は、4時間眠れたり、5時間眠れる…

続きを読む

かわす

昨朝も今朝も3時に目が覚めた。中途覚醒もあり、睡眠不足・・・。 この間 総合スーパーに行こうと家を出たら、 隣から奥さんの大きな声が聞こえた。男の人の声も聞こえたような気がしたが私の気のせいか、と思ったが、やはり誰かが来ていたようだ。 総合スーパーに行った翌日、隣の門に宗教団体のポスターがあるのに気が付いた。 トサンが「昨日からあったよ」と言った。総合スーパーから帰って…

続きを読む

心の作業

総合スーパーへ行こうと9時半過ぎに家を出た。隣から奥さんの大きい声が聞こえてきた。男の人の声も聞こえたような気がした。 『旦那が休みかあ』 隣の駐車場に旦那の車はなかった。 『男の人の声が聞こえたと思ったのは気のせいだったのかあ』 バス停への道すがらのトサンとの会話。 「隣の奥さんの声が聞こえたよ。ヘルパーが来ているんだね」 「そんなことないと思うよ」 「ヘルパーが来てるの…

続きを読む

不器用な二人

散歩から帰ると 隣からヘルパーが出てきて 私を見て含み笑いをしていた。又隣の奥さんが私の悪口を言って 二人で私のことを笑ったのだろう。 気にしないで 夕食の支度をし 楽しく食べた。でも夜になると辛くなった。寝入れたけど1時17分に目が覚めた。私は弱気になっていた。それから眠れなかった。糖質制限チョコレートをたくさん食べて 3時か4時には寝入れたのだろうか。でも何度も目が覚めて 朝起きた時に…

続きを読む

夫の主治医が新しい先生に

今までトサンは内科の先生に診てもらっていたのだが 今年度から膠原病の先生が常勤になるとのことで そちらで診てもらうことになった。 先月はトサンの最後の内科受診だった。 最後に 「長い間 たいへん ありがとうございました」 とトサンともども先生に申し上げた。 本当にお世話になった。 トサンは「20年診てもらった」と言っていた。 新しい先生が優しい先生だといいなあ。 糖質…

続きを読む

豚肉セール

昨夜も細切れに目が覚めたけど すぐに又眠れて トータルとしては長い時間眠れたので 少し熟睡感があった。 トサンと買い物から帰ると うちの駐車場をタクシーが塞いでいる。トサンが合図をするとタクシーは後退した。隣にはヘルパーの車が。今日もヘルパーとタクシーで出かけるのか。私の心に波は立たなかった。 今日はスーパーで豚肉の100g 78円(税抜き)セールをやっていたので 大量買いした。しゃ…

続きを読む

他人の荷物は背負いこまない

今朝も苦しかった。けど、洗面所を掃除して 廊下と台所の床にワイパーをかけた。 苦しくてもトサンに話さないから、トサンとの関係だけは保たれてる。トサンの明るい声に救われる。 いつもの時刻に 二人で車で買い物に出かけようとした。 隣家にヘルパーが「おはようございます」と言って入っていった。 『こんなに朝早く? 又うちが出かける時刻にぶつけてきたの?』と思って私は暗い気…

続きを読む

余計なことを考えずに

昨夜は細切れに4時間しか眠れなかった。 でも午前中 うたた寝 できたから良かった。 午後 散歩がてら ドラッグストアとスーパーで買い物して帰った。 家に着くと どっと疲れが出て 足が痛かった。 トサンが洗濯物を取り込んでくれていた。今日はとても良いお天気で洗濯物が良く乾いた。洗濯物をしまった。 しばらく休んでから夕食の支度を始めた。 午後6時のトサンの血圧…

続きを読む

それでも 静かな穏やかな 生活が送れる日を 夢見て

今日はとても具合が悪い。昨日と一昨日隣の奥さんの姿を見たからだ、と気づいた。見ただけで具合が悪くなる。それほど ひどい仕打ちを受けてきた。一昨日は散歩の帰りに見た。昨日はヘルパーとタクシーで出かけるところだった。 昨日から食事がまずい。まずく感じる。食事を作るのも やっとだ。昨夜は5時間しか眠れなかった。5時間眠れたから 良いってことか。昨夜下剤を飲んだのに お通じがない。腸の動きも止まっ…

続きを読む

精神科受診日の前の晩 トサンと喧嘩になった

夕食後 トサンに「『大きな声で話さないでください』と書いた紙を隣のポストへ入れようかしら」と言ったら トサンは にこやかな顔で「好きなようにしたら」と言って 居間へ行った。 私は『苦情の紙なんか入れたら どんな悶着になるかしれない』という気持ちと『苦情も言えないのか』という気持ちの狭間でイライラしていた。 居間へ行って「やっぱり紙なんか入れない方がいいかしらね」とトサンに言ったら ト…

続きを読む

隣の奥さんが ヘルパーを入れる 道を選んだのだから 近隣への配慮を最優先にするべきだ

トサンと二人でバスと電車を乗り継いで総合スーパーへ行った。 隣のことも考えず 宙に浮いたような 楽な気分で つかの間の 気分転換を楽しんだ。 隣へ来るヘルパーの存在も気にすることなく 隣の奥さんの低い どすの効いた 大きな声に 怯えることもなく 魂の休日だった。 隣が静かにしていてくれたら どんなに気が休まることか。 今まで16年間 ヘルパーが入っていて 近隣への配慮…

続きを読む

皆 等しく 尊重されてよい 存在です

隣に再びヘルパーが入るようになったと感じていたが『話し声も聞こえない し、気にしないでやっていきましょう』と思っていた。 2か月くらい前のことだったかなあ。 初詣から帰った時、隣からヘルパーの声が聞こえた。 大きな声だった。 私はショックを受けて 午後 散歩して気分転換した。 帰宅すると 今度は別のヘルパーと話す声が聞こえた。 ダブルパンチで私は調子を崩した。 別の…

続きを読む

苦しくなるような こと はしない

近所の旦那さんが二人 こちらを見て にやけていた。 『私のこと笑ってるんだ』と思った。 『笑われても平気。私は私の暮らしをしていくわ』と思った。 そういえば 仲たがいした近所の奥さんが道を通るときも 含み笑いしてたような気がする。 一周回って 私も笑った。 トサンが >なんだ。なんか いいことあったのか。 と言ったけど 私は笑ってごまかした。 …

続きを読む

非常識に非常識で対抗しても勝ち目はない

散歩に出るとき 隣の奥さんの大きな声が聞こえた。 ヘルパーと話していたらしい。 ヘルパーは午前も来たはずなのに 又違うヘルパーが午後来ていたようだ。 隣はすぐに人を呼ぶ。 何かあるとすぐに人を呼ぶ。 私は縁もゆかりもない土地で暮らしているので 呼んでも 誰も来てくれない。 今回私が調子を崩したのは 隣の奥さんの大きな声が原因…

続きを読む

障がい者の福祉への警鐘

最近 仲たがいした 近所の人が道を通るのが 見えた。 立てて 気遣かって 思いやって 長い間 良い関係を 続けてきた と思っていた。 ある日 突然 マウンティング された。 ものすごい マウンティング だった。 気遣かい の 私の心の作業に 気づかれなかったのかな。 何気なく さりげなく やっていたからね。 気遣かいが いつの間にか 「当たり…

続きを読む

眠れなかった夜

苦しくて 眠れなかった夜  カウンセラーに電話して >テレビで「いい事してる感が嫌ですね」とか >「いい事って隠れてやりたいじゃない?」とか >見たんですけど >表だって「いい事してる」「いい事してます」と思っている人の裏で >犠牲になっている人がいては >いけないと思うんですよね >そのー 障がい者の…

続きを読む