隣人トラブル 人としての話し合いができるのか

昨日はトサンの膠原病内科受診に付き添ってとても疲れました。

受診結果は又後日に。


午後散歩がてらスーパーへ行ったけど

行く前からめまいがひどくて

よろよろしながら行きました。


出かけるときトサンが

「やめとけよ」と言ったけど出かけました。

気分転換になってめまいが治まるときもあるのです。


帰りは腰から背中にかけて痛くなって体がだるくて

『夕食はとても作れそうにないな』と思いました。


隣に干してあったタオルが原因だ、と思いました。

昨日は旦那も家にいましたが料理のヘルパーが入りました。

長い間タオルが市役所の権力の象徴に見えて苦しんだから

いまだに体調もひどく悪くなるし眠れなくなります。

最近又タオルを掛けるようになったのです。


県の心の相談窓口に初めて相談してみました。

係りの女の人はとても話しやすい人で

色々話すことができました。


「誰か相談できる人がいますか?」と聞かれました。

「誰もいません」と答えました

「ご主人は?」

「主人は隣とかかわること自体を怒ります。

 主人は、争いを好まない、と言えば感じが良いですけど

 悪く言えば、事なかれ主義、で

 主人の場合は、我慢して我慢して我慢して我慢して我慢して

 最後に爆発するタイプです。そうならないように打開策を

 考えて」と話しました。

「日記をつけています」と言ったら

「それはいいですね」と言ってもらえました。

「心の支えになっています」と言いました。

「市役所も味方になってくれないんですね」と言ってくれました。

「民生委員に話しても隣に有利に働いてしまうんです」と言いました。


隣とのことを大まかにお話ししました。

ヘルパーが入ったのもうちとのトラブルがらみです、と言いました。

(となりは)作戦がうまいです、そういう知恵が、と言いました。

隣には奥さんの親族の後押しがあると思います、と話しました。


奥さんがいい、と思っても旦那に何か言われたり

親族に言われたりすると気が変わってしまう。

あるいは奥さんがどうしても、こうしたい、と言うと

親族が、おうやれよ、と後押しします。

と自分が感じていることを話しました。


ヘルパーさんが良くしてくれても

気に入らないことがあれば口をききません。

だからヘルパーさんがやめていきます。

見ようと思って見てるんじゃないんですよ。

見えてしまうんです。隣だから。

とも話しました。


障がい者さんが施設に行って

奥さんも指導員みたいな人と活発に話していますので

今なら私の言うことも少しは聞いてくれるんじゃないかと思うんですけど、と言いました。


昼間行っても奥さんが居留守を使うので

今晩話に行って私は傷ついてもいいと思っているんです、と言いました。


「今晩行っても解決しないと思いますよ」と言われました。

「今晩は解決しないと思うんですよ。

 隣の奥さんは私の話を全然聞かなかったので

 私が病気していたことも苦しんでいたことも知らないんです

 よ

 それだけでも話したいです」と言いました。


隣が外出していてなかなか帰ってこないので

夕食を作る時間になったので作り始めました。


県の相談窓口でお話を聞いてもらったので夕食を作ることができました。


トサンは終始不機嫌でした。


隣のことをどうしよう、と考えて気が重く

食事も作れなくなるだろうなあ、と思って

「糖質ドットコム」から冷凍食品をアウトレットセールのものも含めて1万2千円位買いました。

(1万2千円以上で送料無料なので)



トサンはとても不機嫌です。


人として話せば必ず通じる、と信念を持っていたけど

居留守をつかわれると その考えもおぼつかなくなり

気持ちが萎えてきます。


私は眠れないので

こうやって日記を書いています。


読んでくださってありがとうございます。
感謝しています。
応援お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント