医者とのトラブル

二つの記事を頑張って書いた。

心を込めて書いた。

その気持ちも私の本当の気持ちだった。


でももう一つ決して無視できない気持ちがあった。


一昨々日の医者からの突然の罵倒。


その時は私は平静を装い、平気な顔をしていたけど

本当は物凄く傷ついている。


3か月前は

「素晴らしい。良すぎるくらいだ」

と褒めてくださった。


3か月の間に先生に何があったのか、と思ってしまう。


私は

真面目に

禁欲的に

自分を律して

規則的な生活を心がけている。


それではいけないんですか、先生。


午後から散歩に行ったけど

うまく歩けなかった。

腰が痛かった。

又歩けなくなるのか・・・。

散歩は早々に切り上げた。


先生から言われた鋭い言葉の数々が私を切り裂く。

私の骨身に沁みる。


隣人トラブルも長い年数の後やっと収まり

地域社会にやっと平穏が訪れた

と思っていたのに。


医者とのトラブル・・・。


他に私を診てくれるクリニックなどありはしない。

それは経験済みだ。


うまく歩くこともできないのに

遠くの病院へ行けるわけない。


私は通いなれた今の病院で診てもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 糖尿病合併症と闘う

    ちょうど、私のページで同じような悩みを書いている人を紹介してます。デタラメな医者が多いのは、医学部の教育に問題があると思います。もっと、医学部の教育に文句を書きましょう。患者を大切にする医師を育てろ、と。
    2019年10月30日 12:50
  • マル


    >糖尿病合併症と闘うさん
    >おこがましいですが、若い医師を育てるのも患者の役目と思っております。
    >ちょうど、私のページで同じような悩みを書いている人を紹介してます。デタラメな医者が多いのは、医学部の教育に問題があると思います。もっと、医学部の教育に文句を書きましょう。患者を大切にする医師を育てろ、と。
    2019年11月03日 13:13
  • マル

    たいへん失礼なコメントのお返しをしてしまったので
    書き直します。
    糖尿病合併症と闘うさんのおっしゃる通りです。
    失礼なコメントのお返しをして大変すみませんでした。
    できれば これからもよろしくお願いします
    2020年06月27日 09:28