みんなでケアを

仲たがいしていた奥さんのところへ 半年以上ぶりに 伺った。


「は~い」と言って玄関ドアを開けた奥さんに


「怒ってすみませんでした」と言ったら


「なんも。長年の近所づきあいだもの。大丈夫よ」


と 気さくに 言ってくださった。


「木を切ったんだって?」


「うん」


それから隣の話をした。


以前障がい者が家にいたときに 民生委員が 災害の時の障がい者を助けてくれる人を探したけど、誰も引き受ける人がいなかったそうだ。


私も「民生委員に『障がい者の。障がい者の』と言われて とても気持ちの負担になった」と言った。


障がい者は施設へ行ったけど、隣の奥さんは誰かに助けてもらいたいと思っている人じゃないのかなあ、という気がしている。


ヘルパーさんが毎日のように来ているから 市に任せておけばいい、とも思うけど・・・。


それぞれの家だって それぞれの問題を抱えていて たいへんだけど・・・。


「一人でケアしようとするから たいへんなのよ。近所のみんなでケアすれば」と私は言った。


「みんな家のことも たいへんだから 関われるときに関わって・・・」と言ったら 奥さんも


「できるときに やってね・・・」と言ってくださった。


ゴミも隣の社宅のゴミ捨て場に置いているようだけど、社宅の人は黙認しているようだけど、そのことも奥さんは気にされていた。


「ゴミのことも・・・」と私は言った。


「うん」と奥さんは言われた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント